読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに

mixiと違って写真何枚でも載せられるぜヒャッハー状態なので、とりあえず現在育てている綿と、糸紡ぎの話を中心に書いていこうかなとは思っている。

いい加減な人間が畑というか庭いじりをするとこうなる

f:id:kuzen:20170428200216j:plain

 

てけとー人間が畝に被せたマルチの穴の数を数えているかというとそういうわけではなく。

 

マルチにぶっ刺した支柱の本数を数えるかというとそういうこともせず。

 

f:id:kuzen:20170428194307j:plain

 

発芽しやすいように水に浸す種の数を数えるかというとそういうわけでもなく。

 

畝を真っ直ぐつくるためにロープを張るかというとそういうこともしない。

 

一番問題なのは50cm間隔でマルチに穴を開けなければいけないのに、徐々に40cmでいいやとか思っていつの間にか30cmになっていることかな。

 

いや、そもそも50cmも測っていないのだ。

 

ダメじゃん。

 

うぁあぁああ綿はちゃんと50cm間隔はあけないとでかく育たないって聞いたじゃないか自分!

 

綿の根の張り方はすごいぞって聞いたじゃん!!

 

ぬおぉおおぉぉおおお綿の収穫量が減ってしまう!!!

 

明日はメジャーでちゃんと50cm測って穴を開けること。

 

穴はちゃんと鋏を使って丸く開けること!

 

手で切れ込みいれたってちゃんと雨水は入っていっていない気がする。

 

真夏におよそ50本の綿の苗に水やりしたくないだろ自分!!

 

お願いだからすべての作業を1日で終わらせようとするな。

 

なっ!無理だから!!!!!

野口のタネで野菜の種を買う

野口のタネで、さつま大長れいし、東京南瓜、錦糸瓜(そうめん南瓜)、鹿ケ谷南瓜、日向14号南瓜、沖縄とうがん、加茂大芹川丸茄子、島オクラ、ルッコラ、食用ホオズキを購入。

 

春になれば注文数が増えるため、発送されるのも遅くなるのだろうなと去年思ったはずなのに忘れていた…つかもう4月終わるじゃん!

 

結局ホームセンターでまた苗を買ってしまったため今年も甘い野菜か…と思っていたが、ツチヤさんが今年の雑草除けにそうめん南瓜を植えると言っていたのに触発されて購入できた。

 

草除けの南瓜に、カーテン代わりのゴーヤ

 

どちらも食べられる\(^o^)/

 

ツチヤさんは素麺南瓜は植えないようである。

去年収穫したさつま芋が食べ切れていないからと話していたような気がする。

 

まぁたくさん収穫できたみたいだからなぁ。

 

最近糸紡ぎの最中でも人の話を聞きとれているような気がしたのだが、そうでもないようだ。

 

だがユミコさんやイムラさんのようにおしゃべりしながら紡げないので、まだまだである。

庭の畝つくり

つちや織物所の畑で綿つくりの手伝いをされている方が今年はブログをやるとのことなので、わたしも触発されてブログを再開する。

 

わたしは単純なのだ。

 

f:id:kuzen:20170424201627j:plain

 

来年はどうやら奈良から引っ越すようなので、今年はいっちょ頑張って畝つくって多めに綿を植えることにした。

 

雑草抜きと写真の畝つくりは父がやってくれた。

 

本当はできるだけ楽をしようと横長に畝をつくったのだが、雨が降ったときに水切れが悪かったため、父が縦に掘りなおした。

 

f:id:kuzen:20170424201705j:plain

 

左は力尽きて畝をつくらず。

 

こちらは草除けに南瓜でも植えようかと考えている。

 

種はまだ未購入。

 

食した南瓜から採った種が発芽したので試しに植え替えたが、去年同じことをして実ができなかった。

 

おそらくF1なので、やはり以前から興味のあった野口のタネ オンラインショップで購入する予定。

 

ああ…ゴーヤや茄子の種もここで買えばよかった。

畑で収穫した綿と、庭でいつの間にはじけていた綿

f:id:kuzen:20160914143626j:plain

 

雨が降る前に収穫すると、枝も綿も湿っていないので、はじけきっていない未熟な綿も収穫しやすい。

 

f:id:kuzen:20160914143649j:plain

 

ガクはこんな感じ。

 

収穫前に雨が降ると、このガクの部分から色素がにじみ出て、綿を茶色く染める。

 

f:id:kuzen:20160914143813j:plain

 

40分黙々と3人で作業すると、たった3列を移動しただけなのにこんなにも収穫できるから驚きだ。

 

なかなかの重みなように感じるが、ツチヤさん曰くそのほとんどが種の重みとのこと。

 

なるほど確かに綿繰り機にかけた後の綿は軽い…。

 

f:id:kuzen:20160914151319j:plain

 

これが我が家の庭で育てた綿から収穫したもの。

 

昨晩鶏糞や水をまいた後に、ふと気づいたらはじけてガクもだいぶ茶色く枯れているものを見つけて慌てて摘む。

 

f:id:kuzen:20160914151900j:plain

 

茶色い汚れは一瞬虫の卵かと思ったが、おそらく収穫直前にまいた鶏糞で、軽く洗ったら落ちた。

 

いつの間に最初に咲いた花から50日経っていたようである。

 

いつか発芽から綿の収穫までを動画に撮ってみたいとか思ってみたりしているが、夢のまた夢である。

 

 

f:id:kuzen:20160914153210j:plain

 

ツチヤさんの畑で収穫した綿と違って、大きさも小さめだし種はひと房につき2~3粒あるようだが、おそらく種自体が小さいような気もする。

 

来週の手紡ぎの会に持って行って、綿繰り機にかけたいと思っている。

つちや織物所で綿の収穫を行う

ツチヤさんが借りているという畑に先週はじめて行き、綿の収穫を行った。

 

f:id:kuzen:20160914144040j:plain

 

カネコさんやオカモチさんも言っていたが、スマホで畑の広さを表現しようにも、広角ではないのでなかなかできない。

 

Ricohのカメラで撮りたい!そのくらい広く感じる。

 

f:id:kuzen:20160914144006j:plain

 

最近雨がよく降るせいか、先週よりも枝葉が広がった気がする。

 

f:id:kuzen:20160914143937j:plain

 

茎も1cm以上はありそうな太さ!

 

ツチヤさん曰く去年のほうがもっと太かったとのこと。

 

今年はいろいろ変えたので一概には言えないそうだが、今年は枝葉を落とし、道の幅も広くしたとのこと。

 

日照が良くなって実が大きくなるのかと思ったが、去年より小さいとのことだが、つまり枝葉を落としすぎたということだろうか。

 

成長が遅いと感じたボランティアの方が鶏糞を追肥したとの話も聞いたが、なかなか思い通りに育たないのが面白い。

 

我が家の綿はやはり種をまくのが遅かったことも影響して、茎はこんなに太くないし、葉も厚みがない。

 

虫が卵を産んで葉を丸めたり、バッタが葉を食べてしまうのもあって、日照が足りないような気もする。

 

インターネット上で鶏糞をまきすぎると枝葉が茂るだけで花芽が出ないと読んで、では一掴みだけ根元にまいたが、それでは足りないようで追肥も行った。

 

来年は絶対に大型連休前に種をまこう。

 

梅雨の時期は雨が降って土が固く、掘り起こすのも一苦労だった。

 

庭といえども真夏の暑さはなかなかしんどいので冬のうちに土を耕し、雑草の根などは取り除いておくこと。

 

今年感じた失敗は来年はやらないこと、と思いつつやはり繰り返しそうだ(笑)。

現在の綿のすがた~一番成長している綿

f:id:kuzen:20160909160001j:plain

 

最初に移植したこの綿が一番背丈もあって、葉の枚数も多いと感じていた。

 

f:id:kuzen:20160909160340j:plain

 

今では玄関付近にいい加減に種をまいて、あまり期待していなかったこの二本の綿のほうが成長している。

 

おそらく日当たりのの良さと、土壌が合っていたのかもしれない。

 

台風が来るとのことで、慌ててこの二本にも支柱を立て、ビニール紐で結び付ける。

 

f:id:kuzen:20160909161406j:plain

 

続々と花が咲き、無事実もなっているが、未だはじけず。

 

花が咲いてから50日経たないと綿の繊維は出てこないとのことだが、実に待ち遠しい。

 

カネコさん曰く、はじけた綿に虫が卵を産むこともあるとのこと。

 

葉だけではないのか…勘弁してくれ…。

現在の綿のすがた~雑草対策に麻袋を敷く

マルチを購入して雑草対策と保温、保湿対策に使おうと思っていたが、母がホームセンターで確認したところ高価とのことでやめる。

 

ジュンさん曰く、安価なものは1年しか使えないとのことである。

 

ジュンさんからコーヒー豆の麻袋がいいとの話を聞くも、いざ近くのコーヒー屋さんに行ってみると夏季休暇に入っていた。

 

f:id:kuzen:20160909155731j:plain

 

10袋ほど購入し、麻袋を敷くついでに雑草も引っこ抜く。

 

アルカリ性土壌にしなかった所にもポイポイ種をまいたが、1/4ほど発芽していた。

 

しかし鶏糞をまかなかったため枯れたり、20cm程しか成長していないものが多かった。

 

それでも成長することはわかったので、来年はしっかり雑草を抜いて、早めに鶏糞をまくこと。